Song Book

ブログで紹介した曲の一覧です

スポンサーサイト   (--/--/--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[コードメモリ] Capim / The Manhattan Transfer & Djavan   (2013/08/23)

一覧表示(曲名順)   一覧表示(演奏者名順)  コード進行の説明

Capim / The Manhattan Transfer & Djavan

作詞作曲:Djavan

歌詞はここ


(Intro 1)
| EbM7(onBb) | Ebdim7(onBb) | Fm7(onBb) | Bb9(onBb) |
| EbM7(onBb) | Ebdim7(onBb) | Fm7(onBb) | Bb9(onBb) |

(intro 2)
| EbM7(onEb) | Ebdim7 | Fm7(onEb) | Bb9 |
| EbM7(onEb) | Ebdim7 | Fm7(onEb) | Bb9 |
| EbM7(onEb) | Ebdim7 | Fm7(onEb) | Bb9 |
| EbM7(onEb) | Ebdim7 | Fm7(onEb) | Bb9 |

(vo)×2
||: EbM7 | Ebdim7 | Fm7 | Bb9 |
| EbM7 | Ebdim7 | Fm7 | Bb9 |
| EbM7 | Ebdim7 | Fm7 | Bb9 |
| EbM7 | Ebdim7 | Fm7 | Bb9 |

| EbM7 | Gbdim7 | Fm7 | Bb9 |
| Db9(#11) | C9sus4 C9 | FM7 | Bb9sus4 Bb9 |
| EbM7 Fm7 | Gm7 (Cm7) | Am11 | Ab7(#11) |

| G9sus4 | G9sus4 | Bbm7 | Eb9 |
| Am7-5 | D7(b13) | G9 | C9 |
| FM7 | Bb9 :||

(interlude sax solo)
| EbM7(onEb) | Ebdim7 | Fm7 | Bb9 |
| EbM7(onEb) | Ebdim7 | Fm7 | Bb9 |
| EbM7(onEb) | Ebdim7 | Fm7 | Bb9 |
| EbM7(onEb) | Ebdim7 | Fm7 | Bb9 |

(interlude)
| EbM7(onBb) | Ebdim7(onBb) | Fm7(onBb) | Bb9(onBb) |
| EbM7(onBb) | Ebdim7(onBb) | Fm7(onBb) | Bb9(onBb) |

(vo)
| EbM7 | Ebdim7 | Fm7 | Bb9 |
| EbM7 | Ebdim7 | Fm7 | Bb9 |
| EbM7 | Ebdim7 | Fm7 | Bb9 |
| EbM7 | Ebdim7 | Fm7 | Bb9 |

| EbM7 | Gbdim7 | Fm7 | Bb9 |
| Db9(#11) | C9sus4 C9 | FM7 | Bb9sus4 Bb9 |
| EbM7 Fm7 | Gm7 (Cm7) | Am11 | Ab7(#11) |

| G9sus4 | G9sus4 | Bbm7 | Eb9 |
| Am7-5 | D7(b13) | G9 | C9 |
| FM7 | Bb9 |

(ending sax solo)
||; EbM7(onEb) | Ebdim7 | Fm7 | Bb9 |
| EbM7(onEb) | Ebdim7 | Fm7 | Bb9 |
| EbM7(onEb) | Ebdim7 | Fm7 | Bb9 |
| EbM7(onEb) | Ebdim7 | Fm7 | Bb9 :||(F.O.)


続きを見る »

スポンサーサイト

[コードメモリ] Águas de Março [Aguas de Marco] (Waters of March) / Elis Regina and A. C. Jobim   (2010/11/20)

一覧表示(曲名順)   一覧表示(演奏者名順)  コード進行の説明

Águas de Março [Aguas de Marco] (Waters of March) / Elis Regina and A. C. Jobim

作詞作曲:Antonio Carlos Jobin

歌詞はここ


[Intro](inst)
| Bb7(onAb) | % | % | % |

[A1](vo)
| Bb7(onAb) | % | Gm6 | Ebm6(onGb) |
| Bb6(onF) | E7(#11) | EbM9 | Ab13 |
| Bb6(9) | Bb13sus4 Bb13 | Em7-5 | Ebm6 |
| Bb6(onF) | Bb13sus4 Bb13 | Em7-5 | Ebm6 |

[A2](vo)
| Bb6(onF) | Bb7(onAb) | Gm6 | Ebm7-5(onGb) |
| Bb6(onF) | E7(#11) | EbM9 | Ab13 |
| Bb6 | Bb7(onAb) | Gm6 | Ebm6(onGb) |
| Bb6(onF) | Bb13sus4 Bb13 | Em7-5 | Ebm6 |

[A3](vo)
| Bb6(onF) | Bb7(onAb) | Gm6 | Ebm6(onGb) |
| Bb6(onF) | E7(#11) | EbM9 | Ab13 |
| Bb6 | Bb13sus4 Bb13 | Em7-5 | Ebm6 |
| Bb6(onF) | Bb7(onAb) | Gm6 | Ebm6(onGb) |

[A4](vo)
| Bb6(onF) | Bb13sus4 Bb13 | Em7-5 | Ebm6 |
| Bb6 | Bb7(onAb) | Gm6 | Ebm6(onGb) |
| Bb6(onF) | E7(#11) | EbM9 | Ab13 |
| Bb6 ||

[Interkude](inst)
| E7(onD) | Db7(onB) |
| % | Bb7(onAb) | Gm6 | Ebm6(onGb) |
| BbM7(onF) | E7(#11) | EbM9 | Ab13 |
| Bb6 | Bb7(onAb) | Gm6 | Ebm6(onGb) |

[A5](vo)
| Bb6(onF) | Bb7sus4 | Em7-5 | Ebm6 |
| Bb6(onF) | Fm11(onBb) | C7(onBb) | Ebm6(onBb) |
| Bb6 | % | Em7-5 | Ebm6 |
| Bb6(onF) | Fm11(onBb) | C7(onBb) | Ebm6(onBb) |

[A6](vo)
| Bb6 | Bbm7 | C7(onBb) | BM7(onBb) |
| Bb6 | Bb13sus4 Bb13 | EbM9 | Ab13 |
| Bb6 | Bb13sus4 Bb13 | EbM9 | Ab13 |
| Bb6 | Bb13sus4 Bb13 | Em7-5 | Ebm6 |

[A7](vo)
| Bb6 | Bb13sus4 Bb13 | Em7-5 | Ebm6 |
| Bb6 | Fm11(onBb) | C7(onBb) | Ebm6(onBb) |
| Bb6 | Bbm7 | C7(onBb) | BM7(onBb) |
| Bb6 | / / | Bb6 ||(fine)




続きを見る »

[コードメモリ] Back Home Again in Indiana そして Donna Lee   (2010/10/24)

デキシーランド・ジャズの名曲。

Maria Rita 1917年発表
作曲 ジェームズ・F・ハンレー(James F. Hanley)
作詞 バラード・マクドナルド(Ballard MacDonald)

普通は「Indiana」だけで言われる。

そして、アルトサックス奏者のチャーリー・パーカー(Charlie Parker)[一説にはトランペット奏者のマイルス・デイビス(Miles Davis)も共同とか]が、そのコード進行にアドリブ的なメロディを付けビバップの名曲にしたのが「Donna Lee」。

しかし、最近ではなんと言ってもエレキ・ベース奏者のジャコ・パストリアス(Jaco Pastorius)が自身のアルバムで演奏してから、ロックしか知らなかったエレキ・ベーシストが一度挑戦する曲になるほどジャズのジャンルを超えたスタンダードになりました。

大学3回生の時、軽音楽部の合宿でこの曲を演奏していたのを思い出します。
あの時、バンドを5つ掛け持ちしていて(ウッドベース人口が少ないので)、朝8時~晩10時まで、ぶっ続けで練習し、休憩はメシとトイレのみ。
合宿終わったときには、指どころか疲労で顔まで腫れてむくんでいた。。。


続きを見る »

 | HOME | 

Twitter


ギターコードブック


プロフィール

skywoodbass

Author:skywoodbass
気がついたらウッドベースとの生活が35年になりました。

ジャズ、ロック、ラテン、MPB、クラシック・・・

今まで関わった素晴らしい曲の想い出や、なにげなく思ったこと、感じたことを、選りすぐったYoutubeの動画を交え、綴ってみました。

こちらもどうぞ→Home Page

★★★★★★★★★★★★

このブログは日記ではありません。

曲と演奏者を紹介するアーカイブです。

最近は耳コピした曲のコードを載せています。

初めての方は、
↓の「Song Book」からどうぞ。


Song Book

ブログで紹介した曲の一覧表


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ

曲紹介 (35)
楽器 (3)
コンサート報告 (1)
コンピュータ技術 (1)
雑談 (2)
未分類 (0)
Index (3)
耳コピ (82)
コードメモリ (3)
ベーシストあるある (7)

FC2カウンター


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード

私のお薦め


Amaon お勧め

Amazonがお勧めするジャズ・フィージョン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。