Song Book

ブログで紹介した曲の一覧です

スポンサーサイト   (--/--/--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Are You Real?   (2011/04/12)

アート・ブレーキーとジャズ・メッセンジャーズ(Art Blakey and the Jazz Messengers)でもっとも有名な曲といえば、「Moanin'」でしょう。。。



ここでは、そのアルバムの中から

Are You Real?


Are You Real? / Art Blakey and the Jazz Messengers

Moanin'Moanin'
(1999/03/17)
Art Blakey & The Jazz Messengers

商品詳細を見る


1958年発表

Art Blakey (ds)
Benny Golson (ts)
Lee Morgan (tp)
Bobby Timmons (p)
Jymie Merritt (b)

1. Warm-Up and Dialogue Between Lee and Rudy
2. Moanin'
3. Are You Real
4. Along Came Betty
5. Drum Thunder Suite: First Theme: Drum Thunder/Second Theme: Cry a Blue
6. Blues March
7. Come Rain or Come Shine
8. Moanin' [Alternate Take][*]

もともとは2~7曲目がオリジナルですが、1はその名のとおりウォームイングアップ、8は別テイクです。
7は有名なスタンダードですが、その他はテナー・サックスのベニー・ゴルソン(Benny Golson)の作曲。


このアルバムは、私がまだ高校生の頃、初めて買ったジャズのレコードです。

それまで、ロック少年でエレキベースを弾いていたのですが、Chicagoと並ぶブラス・ロック(懐かしい響き)の両雄のBlood, Sewat & Tearsのジャズぽい曲を聴いて興味が湧きました。

まったくジャズの事が解らず、とにかくレコード屋さんに行ってジャズコーナーにあったLP(CDなんて無かった時代)の中で、「ジャズ・メッセンジャーズというくらいだからジャズやってるんだろう」くらいなノリ。

なんかジャケットも黒人の顔(アート・ブレーキーですが)が、でかでかとあって「カッコエエ~」という極めて単純な理由です。

当時、ジャズといえばフリー・ジャズしか頭に無く、「なんでも適当に音出せばいいんだ、ジャズは」という具合で、「ベース・ランニングも一小節に4つ、適当に音を並べたらいい」と思ってました。

やがて「理論」なるものを知り、そういうものでない事を知りましたが。


このアルバムはすり切れるほど聴いて(最近CDで買い直しました)、その中でも「Are You Real」というややアップテンポの明るい曲が好きでした。

32小節+4小節付け足しの変則ですが、解りやすいメロディとコード進行です。
このアレンジやその他のアレンジで、その後、自分達のバンドでよくやったものです。

| Dm7 G7-9 ||

|| Cm7 | F7 | BbM7 | Eb7 |
| Am7-5 | D7 | Gm7 | C7 |
| Fm7 | Bb7 | EbM7 | C7 |
| Fm7 | Bb7 | EbM7 | Dm7 G7-9|

| Cm7 | F7 | BbM7 | Eb7 |
| Am7-5 | D7 | Gm7 | C7 |
| Fm7 | Bb7 | EbM7 | C7 |
| Fm7 | Bb7 | Gm7-5 | C7 |
| Fm7 | F7 Bb7 | EbM7 | (Dm7-5 G7-9) ||


ん~~、懐かしい。。。

Are You Real? - Art Blakey & The Jazz Messengers


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

スポンサーサイト

Comment

[49]

本当にこれがやれたらすごい!!!

ベースソロはハイハットだけですよ・・

[50] Re: タイトルなし

> 本当にこれがやれたらすごい!!!
>
> ベースソロはハイハットだけですよ・・


コメント、ありがとうございます。
このブログ(?)は随分放置状態で、コメントを戴くのも久しぶりでびっくりしています(笑)

ベースソロの時はバックはなるべく音数が少ないほうがやりやすいです。
ピアノとかやたらとガンガン弾いたりして、どっちがソロ取ってるのか解らない輩が非常に多い。

ドラムもハイハットと目立たなくシンバル叩いてます。
その点、これは最小限度しかピアノも弾いていないですしね。
気持よくベース・ソロが楽しめます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://skywoodbass.blog75.fc2.com/tb.php/15-8fe11a4c

«  | HOME |  »

Twitter


ギターコードブック


プロフィール

skywoodbass

Author:skywoodbass
気がついたらウッドベースとの生活が35年になりました。

ジャズ、ロック、ラテン、MPB、クラシック・・・

今まで関わった素晴らしい曲の想い出や、なにげなく思ったこと、感じたことを、選りすぐったYoutubeの動画を交え、綴ってみました。

こちらもどうぞ→Home Page

★★★★★★★★★★★★

このブログは日記ではありません。

曲と演奏者を紹介するアーカイブです。

最近は耳コピした曲のコードを載せています。

初めての方は、
↓の「Song Book」からどうぞ。


Song Book

ブログで紹介した曲の一覧表


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ

曲紹介 (35)
楽器 (3)
コンサート報告 (1)
コンピュータ技術 (1)
雑談 (2)
未分類 (0)
Index (3)
耳コピ (82)
コードメモリ (3)
ベーシストあるある (7)

FC2カウンター


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード

私のお薦め


Amaon お勧め

Amazonがお勧めするジャズ・フィージョン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。