Song Book

ブログで紹介した曲の一覧です

スポンサーサイト   (--/--/--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベーシストあるある その6 「おかたずけ」   (2015/06/30)

以前、Facebookで投稿した「ベーシストあるある」をブログにして再度掲載してみました。
アホなこと書いてますが。よろしくお願いします




ベーシストあるある その6 「おかたずけ」

 
ライブやリハーサルが終わると片付けをして撤収をするのだが、コントラバスはデカいが故に結構面倒なのだ。
 
ただドラムなど明らかに部品点数が多い楽器は、誰が見ても時間がかかるのである程度許されるのであるが、その点、コントラバスはデカいので取り回しが悪いのは理解されるが「そんなにまで手間はかからんだろう」てな風に見られる。
 
 
【貸しスタジオ】
 
次の時間帯に予約しているバンドが待っているので、少なくとも5分前には片付けてスタジオを出るのはマナーであり当たり前のことであるのは言うまでもない。
 
リハーサルのラスト時間が近づき最後の1曲で、あれだけ「コントラバスの片付けは他の楽器より時間がかかるから10分前には終わってくれ」と言っておいたのに、アンサンブルや曲構成の確認が目的のリハにもかかわらず、管楽器の奴等なんかはライブ本番さながらに、アドリブソロを何コーラスもやりやがって、曲が終わったのが5分前。
 
譜面だけのピアノ、ケースにパッと入れたら終わる管楽器やギター、ドラムは備え付けのセットがあるからスティックとせいぜいスネアのみ。
 
コントラバスは、一旦、
 
①楽器を寝かせて隅に置いてあったケースを片手で取り、
②空いた方の手で寝かせた楽器を再度立てて、
③上からケースをかぶせてチャックを閉め、
④横ベルトを閉めて固定させ、
⑤弓を使ったら弓ケースに入れた後、
⑥その弓ケースを楽器本体のケースの長細い弓入れポケットに差し込んでホックを閉め、
⑦その他、楽譜・シールド類をバッグに入れ、
⑧アンプのつまみを0ないしはミドルに直し(これはマナーで、やっていないことが多い)、
ベースのケースを担ぎバッグを持って、
 
やっとスタジオを出られるのである。
 
だが、時間ぎりぎりの時は、そんな手順をふんではおれないから、とにかく裸のまま、楽器やケースや譜面やシールドや弓や楽器ケースや弓ケースを、とにかくスタジオの外に出した後、待合室でその作業を行う。
 
まあ大概は他のメンバーが手伝ってはくれるが、楽器本体は自分で運ぶ。
 
その時、慌てて楽器の頭や胴体の下部を、ドアのところでゴッツンとぶつけることが多い。
ライブでコントラバスを見て楽器のその部分に傷がついているのは、そういう状況がこのベーシストは過去にあったのだと哀れんで欲しい。
 
その間、次の予約のロックバンドの若い連中が奇異な白い目で睨んでいる。
 
たま~~に、スタジオのオッサンは「大変ですな~~」とか言ってくれてはいるが半分目が笑っている。
 
 
【ジャズストリート】
 
会場に行くときは1台の車に乗りあわせてワイワイ行くが、ライブが終わるとベースとドラム以外は「ちょっと他の店にも顔出してくるは。知り合いも出てるし」とか言って酒を飲みに行ってしまう。
 
ベーシストとドラマーはみんなが去った後、次のバンドのセッティングもあるので黙々と撤収作業を行う。
 
この時、ベーシストとドラマーは無言のうちに友情を深める。
 
 
【ライブ終了】
 
他の楽器はもう早々と楽器の撤収は終了し、店のカウンターやバンド席でくつろいで酒をチビリチビリやっている。
 
コントラバスとドラム(店に備え付けのセットが無い時)は、くつろぐ暇も無く黙々と撤収作業を行う。
 
この時にベーシストとドラマーは次に述べるような共通の状況から、やはり友情が深まる。
 
決して演奏中のビート感が合うとかでは無いのである。
 
ピアノやギターや管楽器はこのくつろぎの時間を利用して店で女を口説いているのだであるが、ベースとドラムはそんな余裕はない。
 
という理由から、ピアノやギターや管楽器はバンド外恋愛が多いが、ベースとドラムはバンド内恋愛が多くなるのは仕方がないのである。
 
他の楽器の連中のように多くの出会いはない。
 
出会いがあったとしても、時間ができた時は既にピアノやギターや管楽器のメンバーに先を越されている。
 
大概、相手は女性ボーカルか女性ピアニストであり、家まで車で送って行く事が多く車中で口説くしかない。
 
酒は入っていないから、結果はどうであれ相手も本気と取ってくれている事が多いが、後々、気まずい関係になるとバンド解散危機のリスクも伴う。


嗚呼、哀しいかな縁の下のベーシスト。

10498439_734560246606368_6515550075763693990_o.jpg
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://skywoodbass.blog75.fc2.com/tb.php/203-9ca379ca

«  | HOME |  »

Twitter


ギターコードブック


プロフィール

skywoodbass

Author:skywoodbass
気がついたらウッドベースとの生活が35年になりました。

ジャズ、ロック、ラテン、MPB、クラシック・・・

今まで関わった素晴らしい曲の想い出や、なにげなく思ったこと、感じたことを、選りすぐったYoutubeの動画を交え、綴ってみました。

こちらもどうぞ→Home Page

★★★★★★★★★★★★

このブログは日記ではありません。

曲と演奏者を紹介するアーカイブです。

最近は耳コピした曲のコードを載せています。

初めての方は、
↓の「Song Book」からどうぞ。


Song Book

ブログで紹介した曲の一覧表


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ

曲紹介 (35)
楽器 (3)
コンサート報告 (1)
コンピュータ技術 (1)
雑談 (2)
未分類 (0)
Index (3)
耳コピ (82)
コードメモリ (3)
ベーシストあるある (7)

FC2カウンター


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード

私のお薦め


Amaon お勧め

Amazonがお勧めするジャズ・フィージョン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。